潜熱蓄熱材(パラフィン、カプセル、ボード)

  1. ホーム
  2. 製品概要
  3. 潜熱蓄熱材(パラフィン、カプセル、ボード)

はじめに

2015年に国連サミットで採択された「SDGs」には、我々を含め国連加盟国193ヵ国が2030年までに達成する17の分野の目標があります。そのなかでも「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「気候変動に具体的な対策を」という目標の達成には従来型の化石燃料や原子力だけに頼らない社会を創っていくことが急務ではないでしょうか。

 1973年のオイルショック以後、エネルギーの消費量は2016年には1.2倍、家庭部門では1.9倍もの伸びになっており、特に家庭やオフィスビルでは空調によるエネルギー消費が多くを占めているという現実があります。空調などに使用されるエネルギーを減らすためには該当する温度域で消費されるエネルギーについて需要と供給のタイムラグを解消することやエネルギー消費の速度を遅らせること、また、太陽光や昼夜の寒暖差などのパッシブエネルギーの有効活用が可能な蓄熱材の使用が有効だと我々は考えます。

熱を一時的に蓄え必要に応じてその熱を取り出す技術を「蓄熱」と呼び過去にもさまざまに研究開発をされ、家やビルの空調用途にも多く採用が進みつつあります。

しかしながら我々は空調用途に限らず潜熱蓄熱材が省エネルギー化に貢献できる場所が多くあると考えております。そのため高機能マイクロカプセル化など技術開発を進めており今後も省エネルギー化ソリューションの創造を三木理研の使命とし取り組んでまいります。

 

NEDOとの取り組み
平成23年~25年 「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発採択テーマ」(潜熱蓄熱建材   に関する研究開発)

平成26年~27年 平成27年度戦略的省エネルギー技術革新プログラム 実用化研究「高機能潜熱蓄熱マイクロカプセルの開発」

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)とは、「エネルギー・地球環境問題の解決」や「産業技術力の強化」実現をミッションとした国立研究開発法人です。

 

 

潜熱蓄熱材とは

 物質が固体から液体、液体から気体、固体から気体、あるいはその逆方向へと状態変化(相変化)する際に必要とする熱のことを「潜熱」と言い、温度変化を伴いません。それらの融点での融解熱、および凝固点での凝固熱を利用するのが潜熱蓄熱材です。

製品ラインナップ

【パラフィン】

 ■レギュラーラインナップ

品名

融点℃

外観

ホルマリン

有効成分%

熱量

入目㎏

Green Tech PCM-16

15

液状~固体

100

 

150

Green Tech PCM-17

22

液状~固体

100

 

150

Green Tech PCM-18

28

液状~固体

100

 

150

 

【ゲル状パラフィン】

 

 

 

 

【蓄熱蓄冷マイクロカプセル】

■マイクロカプセルとは大きさ0.1~10μm程度のごく小さな密閉容器を指します。カプセルは殻となる壁材と芯物質から構成され、壁材と芯物質を選択することで様々な用途に実用展開されています。

蓄熱蓄冷マイクロカプセルとは相変化物質(PCM)を内容物としたマイクロカプセルで、設定温度でカプセル中のPCMが融解・凝固を繰り返し、熱を吸収・放出するものです。目的温度を任意に設定でき、水に分散できるため各種基材に含浸、塗布、練り込みができます。そのため太陽熱などのパッシブエネルギーの活用や今まで不可能であった多くの分野で温度コントロールが可能となります。

■レギュラーラインナップ 

メラミンカプセル

融点℃

外観

ホルマリン

有効成分%

イオン性

入目㎏

PMCD-5

5

高粘度液状

30

アニオン

15

PMCD-15

15

高粘度液状

30

アニオン

15

PMCD-25

25

高粘度液状

30

アニオン

15

PMCD-28

28

高粘度液状

30

アニオン

15

PMCD-32

32

高粘度液状

30

アニオン

15

PMCD-5SP

5

パウダー

75

アニオン

10

PMCD-15SP

15

パウダー

75

アニオン

10

PMCD-25SP

25

パウダー

75

アニオン

10

PMCD-28SP

28

パウダー

75

アニオン

10

PMCD-32SP

32

パウダー

75

アニオン

10

アクリルカプセル

 

 

 

 

 

 

AMC-28

28

高粘度液状

30

 

15

AMC-36

36

高粘度液状

30

 

15

 

【リケンボード】

リケンボード  PB(P)-〇-△シリーズは、蓄熱・蓄冷マイクロカプセルを不織布に含侵させ保温・保冷を目的として開発された商品です。

PB:PMCD含侵不織布・積層板  切り貼り可能である事が特徴です。

PP:PMCD含侵不織布パウチ品      防水・防汚及び摩耗を防ぐ事が特徴です。

 

パラフィン融点

不織布積層枚数

潜熱蓄熱量

形状

PB-5-1

約5℃

1

約25kJ/㎡

不織布

PB-22-6

約22℃

6

約100kJ/㎡

積層板

PB-25-3

約25℃

3

約75kJ/㎡

積層板

PB-25-8

約25℃

8

約200kJ/㎡

積層板

PB-28-6

約28℃

6

約150kJ/㎡

積層板

PB-36-12

約36℃

12

約300kJ/㎡

積層板

PP-44-12

約44℃

12

約500kJ/㎡

パウチ

一覧に戻る